トラックと一般車両の違い

見た目こそ一般車両との判断がつくトラックですが、トラックの定義としては人を乗せるのではなく荷物や重機を運ぶことがメインになるので積載量の違いが一般車両との違いになっています

トラック別人気買取ランキング

no.1

セルフ・セーフティーローダー

車や重機を運搬する際に必要になってくるセルフ・セーフティーローダーはどんな現場でも需要があるので買取としても人気のあるトラックになっています。

no.2

重荷も運べるダンプカー

埋め立てや多くの土砂を運搬する際に利用されるダンプカーは積載量としては最大11トンまでが公道を走る事が出来るので、現場ではかなり重宝されています。

no.3

高所での作業向きクレーン車

現場の解体や重たいものを運ぶことの多い現場作業では、クレーン車の有無によって作業効率が変わってきます。そのためクレーン車は現場に一台は必要とされているのです。

no.4

万能トラックの平ボディ

トラックとしても万能でどんな現場でも活躍出来る平ボディは流通も多く、その分買取市場に出回ることも多いです。年式や積載量などが査定に影響されてきます。

no.5

鮮度が命!冷蔵冷凍車

宅配や食品の配達で多く利用されている冷蔵冷凍車は日本の食文化を守るために欠かせないトラックです。冷却装置がついているため特殊なメンテナンスが必要になります。

中古重機の売り買い情報

男の人

重機の分類と使われている現場

重機には様々な分類があります。土砂を退かし救うバックホウや運搬メインに行なうショベルカーなど様々です。基本的には建築関係の現場で使用されており、重機がなければ仕事が出来ないほど重要になっています。

中古重機の購入の注意点

中古重機を購入する場合は年式に注意しましょう。古い年式だと使用頻度も高く、痛んでいるパーツなどが多数存在している可能性が高いです。なるべくは高年式の中古重機を購入するようにしましょう。

重機を高く売りに出す為には

中古の重機をなるべく高く売りに出すには多くの買取業者に査定を出し、様々な口コミや評判の情報を集めるといいでしょう。またなるべく綺麗にしておくのも買取査定額に影響してきます。

海外でも利用される日本の重機

日本の重機は耐久性と高い技術によって海外にも多く出回っています。そのため、国内で売れない重機も海外では需要がある場合もあるので多くの買取業者を検索してみることをオススメします。

重機に使用するパーツも売れる

重機だけが売れる訳ではありません。アタッチメントなども中古品として買取されていますので、セットにして売りに出してみましょう。中にはセット価格として買取金額がアップする可能性もあります。

広告募集中